なぜ!?気付かないうちに伸びていた…「耳毛」の原因と対策

眉毛やヒゲや、脇毛そして胸毛など自分の目で確認できる体毛は気になる方だとすでに対処を行う事が可能です。そして、身だしなみとして鏡で鼻毛を確認して処理するという経験もあるでしょう。

しかし、、、耳毛って意外と確認しないですよね。

耳毛が生えてきているのかどうか自分では全く気付かないものです。あまり気にかけていない人もいるかもしれませんが、案外周りの人の視線にさらされています。人に見てもらう、というのが一番確認しやすいのかもしれません。

「そもそも耳毛ってなんで生えてるの?いる?」と思われる方もいるかもしれません。

耳毛は「まつ毛」や「鼻毛」と同じように埃やゴミが内部に入ってしまうのを防ぐフィルターのような役割があるとされています。あらゆる毛根には、わずかな振動や刺激をキャッチするセンサーのような細胞があり、毛が何かに触れた時に即座に脳に伝えで危険を察知してくれる役割もあるんですね。

しかし、そんな耳毛も年齢と共に黒く太く長くなってきます。パッと見た感じは清潔感がある渋いおじさまでもよく見たら耳毛がボーボーとかだと一気にだらしなく見えてしまう可能性もあります。

[PR]

なぜ、歳をとると耳毛がボーボーになるの?!

お年寄りの方の耳毛が妙に長いのを見た事ありませんか?男性は年齢を重ねるごとに耳毛や眉毛が伸びてくる場合があります。(髪の毛は薄くなっていくのに。。。)

なぜ、そのような事が起こるのかは残念ながらまだはっきりとは解明されていないようですが、原因として「男性ホルモン」が影響しているとも言われています。男性ホルモンが多い方は、体毛が濃いと言われていますので、耳毛も濃いということです。

さらに、毛が生えるサイクル「毛周期」も関係しています。

若い内は毛周期が短く、すぐに眉毛や耳毛が抜け落ちますが、加齢と共に毛周期が長くなり濃く長く生え続ける、そしてあの長い耳毛が完成するという事になります。

では、耳毛対策はどうすれば?!

耳毛が生えてしまったことは仕方ないので、ここからは耳毛の処理の方法をご紹介いたします。剃るのがいいのか?または抜くのがいいのか!?はたまた、他にも方法が!?

耳毛対策 「耳毛カッターを使用する!」

耳毛の処理でまずオススメしたいのがこちらの「耳毛カッター」による方法です。

その名の通り耳毛用のカッターですね。値段帯も1000〜3000円といったところなので気軽に購入ができます。

あくまでもカッターで「剃る」という方法なので定期的に行わないといけませんが自宅ですぐにできるので楽ですよね。さらにアタッチメントを取り替えると鼻毛や眉毛の手入れも可能なタイプもあるので身だしなみ用品として一つは持っていて良いかと考えられます。

上記の耳毛カッターは、パナソニック社製の『耳毛カッター 黒 ER402PP-K 』になります。

耳毛対策 「耳毛抜きで抜く!」

次は毛抜きで抜くという方法になります。上記のカッターが少し怖いと思う方は耳毛用の毛抜きもオススメです。

とはいえ、抜く時の痛みはあります。耳の皮膚は敏感な部分ですのでお肌が弱い方などはあまりオススメできません。

上記の耳毛抜きは、グリーンベル社製の『 驚きの毛抜き 先丸タイプ(ブラック) GT-223 』になります。

耳毛対策 「メンズサロンでお手入れ!」

やはりここはメンズサロンやメンズエステ等の「プロに任せる」という選択肢も視野に入れましょう!耳毛の処理だけではなく、マッサージや掃除までしてくれるお店もあります。

初回1,000円で体験する事ができる、人気のメンズサロン『ラ・パルレ』が用意する「メンズ スピード3D脱毛コース」がおすすめです。特徴といたしまして、ジェル不要の専用マシンで冷却しながら光をあてるため、お肌に優しく、むだ毛を減らすだけでなく、光の作用でハリのある若々しい肌を目指すことが可能です。

期間の目安は、約1週間~3ヶ月間隔おきに、2年程度を目安とお考えておけばOKです。

また全国展開しているため、札幌店・横浜本店・大宮本店・川越店・池袋本店・北千住店・自由が丘店・立川店 富山店・松本店・静岡店・浜松店・名古屋駅前本店・梅田本店・神戸三宮店・天神店など、ご自宅からも通いやすいのがメリットです。

メンズサロンやメンズエステに抵抗がある方でも、試してみる価値ありです!

耳毛処理も身だしなみの内!

今回は自分では意外と気付かない耳毛についてその原因と対策をご紹介いたしました。

ムダ毛の処理を丁寧に行う事は清潔感をアップさせるのに必要な項目です。もし、耳毛が気になり始めたという方はぜひ今回ご紹介した方法で耳毛の処理を行ってみてください。

シェアする

悩み解決をSNSでフォローする

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。 ※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。