急な睡魔…。眠すぎて仕事にならない時の対処法15選

「眠くて仕事にならない!」「集中力が切れてしまう…」

仕事中、作業中に襲ってくる睡魔。しっかり寝たはずなのに容赦なく襲いかかってきてやる気と集中力を奪っていきます。

昼間に眠くなってしまう原因は単純に睡眠不足という場合も多いのですが、生活習慣の乱れによる体内時計のリズムが狂っているといった原因や肉体的、精神的な病気も挙げられます。

今回は眠気を覚ます方法として「仕事中に眠くなった時の対処法」を一気にご紹介いたします。特に画期的な方法はありませんが、どうしても眠くなった時「あ、こんな手もあったか!」と思い出していただければ幸いです。

[PR]

急な眠気への対策15選!

眠気対策その1 「顔と手を洗う」

まずはこちら。シンプルに顔と手をバシャッと洗ってみましょう!顔を洗う事によって脳と心臓の動きを活性化させます。そして手を洗う時は冷水の方が刺激が強くて眠気が覚めます!

眠気対策その2 「こまめに水を飲む」

体内の水分が不足し始めると疲労を感じやすくなるので水分補給も大切です。成人の場合1日に必要な水分は2リットル。眠気覚ましとしても水分補給としても水筒やペットボトルを携帯し、2リットル飲むのは難しくてもこまめに水を飲むようにしましょう。

眠気対策その3 「外に出て深呼吸」

外に出れる状況であれば外気に触れて深呼吸するのも効果的!新鮮な酸素を脳に送り込んであげて活性化させましょう!

眠気対策その4 「清涼感のある目薬をさす」

対処法のスタンダード「目薬」です!目の疲れも睡魔にとって格好の餌!目薬でスッキリ眠気対策をしましょう!

眠気対策その5 「会話をする」

もし、誰かと話せる状況でしたら会話をするのも眠気を覚ます為の一つの手です。1人でモクモクと作業を続けているとやはり脳も疲れてきてしまいます。気分転換にもなるので可能であれば無駄話でもしちゃいましょう!

眠気対策その6 「適度に姿勢を変える」

パソコンに向かって長時間仕事をしていると前かがみの姿勢になり胃腸にも負担がかかる上に血流が悪くなり眠気が襲ってきます。座ったまま背筋を伸ばすストレッチを行ってみたりして定期的に姿勢をただしましょう。

眠気対策その7 「コーヒーを飲む」

定番中の定番!コーヒーを飲んでカフェインを摂取して眠気を覚まします。しかし!カフェインは毎日摂取していると体が慣れ始めて刺激が減っていくという欠点もあります。

眠気対策その8 「フリスクやガムなどで覚ます」

こちらも眠気対策として行っている方も多いでしょう。刺激がある眠気覚まし専用のタイプがオススメです。すっきりした口に冷たい水を飲むと刺激が倍増されるので緊急の対策として合わせ技も使ってみましょう!

眠気対策その9 「冷たいもの(缶ジュースなど)で目のマッサージ」

缶ジュースなどの冷たいものを目に当てるという眠気覚ましの方法もあります。目の周りにはツボが集まっていますので冷たいもので刺激すると眠気や体のだるさ改善にも効果があります。

さらに首や脇の下などを冷やしてあげるのも眠気対策に効果あり!

眠気対策その10 「いっそのこと昼寝してしまう」

仮眠を取るのもオススメです。15分程度の短時間の仮眠は脳にとっては夜の2~3時間の睡眠にも匹敵するほどなんです。さらにアイマスクや耳栓などを利用して外部からの刺激を少なくすればより効果的です!

眠気対策その11 「テンションの上がる音楽を聞く」

もし可能であればこちらもオススメです!オフィスで流すのが難しいタイプの曲でもスマホやパソコンからイヤホンで聞くことができれば、眠気覚ましに効果的!ロックやダンスミュージックなどアドレナリンが出るジャンルが特にオススメ!

眠気対策その12 「ツボをマッサージする」

眠気解消に効くツボを押すのも効果があります。よく知られているのは「合谷」という親指の付け根にあるツボと中指の爪の根元にある「中衝」です。さらに「中衝」は眠気を抑えるだけでなく、眠れない時に刺激すると入眠しやすくなるという、睡眠改善に効果的なツボです。

手のツボ刺激は目立たないようにデスク下でもできるので、周囲に気づかれることなくすぐに実践できるのが良いですね。

眠気対策その13 「視線を変える」

例えば椅子の高さを変えてみたりして物理的に「いつもと違う」視線で仕事をしてみましょう。「いつもと違う」というのが脳に刺激を与えてくれます。

眠気対策その14 「エナジードリンクを飲む」

こちらもコーヒーと同じくらい定番ですよね。しかし、エナジードリンクの飲み過ぎは不眠症を招いたり、糖分の過剰摂取にも繋がりますので、1日1本を限度にしてランチの後くらいに飲むとよいでしょう。

眠気対策その15 「昼ごはんを食べ過ぎない」

これは緊急の対策ではなく準備になってしまいますが、ランチの調節も重要です。糖分は眠気を誘うのでお菓子だけでお昼を済ましてしまうのはNG!タンパク質や野菜をしっかり摂取しましょう!

しかしタンパク質は一度に大量に摂取すると眠気を発生させてしまいますので肉類に加えて適度にサラダを組み合わせ、バランスよくチョイスしましょう!

一時的な眠気対策も大事ですが、、、

定番の眠気対策を一気に紹介しましたが一つくらい「あ、試してみようかな?」と思うものはありましたでしょうか?

悩み解決コレクティブでは睡眠に関する記事も多く掲載していますので、気になる記事があれば是非チェックしてみてくださいね!

究極の安眠!睡眠時にリラックス・熟睡できる音楽とは?
睡眠には「日中の作業効率が上がる」「ストレスが解消される」など様々な効果があり、日々の生活にとって大切なものですが、残業続きで帰宅も遅くなってしまったり、会社や家庭での不安やストレスで眠れなかったりが原因で睡眠不足に悩まされている方も多いのではないでしょうか。
超快眠!?寝る前5分でできるツボ押しで睡眠の質をUP!
睡眠には「日中の作業効率が上がる」「ストレスが解消される」など様々な効果があり、日々の生活にとって大切なものですが、残業続きで帰宅も遅くなってしまったり、会社や家庭での不安やストレスで眠れなかったりが原因で睡眠不足に悩まされている方も多いのではないでしょうか。
仕事の休憩中にできる!?「プチ昼寝」で効率良く仕事をしよう!
お昼過ぎ、そんな状態になってしまう事ってありますよね。若い頃はバリバリと働けていたのに30代になってからどうしても眠気が襲ってくる、という方も少なくはないと思います。仕事中にとるちょっとした昼寝で一気にスッキリする方法を紹介!
起きたら実践!1日のスタート。目覚めの質を上げてパフォーマンス向上!
朝の1時間は夜の3時間に相当すると言われています。朝、スッキリと目覚めることができれば集中力も増し、効率的に動くことができ、生産性も上がります!皆様も是非スッキリ起きて1日のスタートを気持ちよく迎えましょう!

基本的には生活習慣の見直し、日々の良質な睡眠、運動不足の解消などから対策を行うのが良いのですが、睡魔が急にきてしまった時は仕方ありません。今回、ご紹介した方法で刺激を与えてなんとか持ちこたえましょう。

シェアする

悩み解決をSNSでフォローする

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。 ※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。