【腹痛】酒を飲むと下痢になるタイプ必見!下痢にならない飲み方とは

「いや〜昨日は楽しかったな〜〜(グルルルル)うっ、お腹痛い。。。トイレへ。。。」

お酒を飲むと翌日にお腹を壊すという方が実は結構存在しています。はい。自分もそうなんです。

せっかく楽しい夜を過ごしたのに、次の日の朝は下痢。そんな状態ではその日の調子もテンションも下がってしまいますよね。

ということで今回は、お酒を飲んだら下痢になってしまう原因を考え、その対策をご紹介いたします。

[PR]

お酒を飲むと下痢になってしまう原因とは?

そもそも、なぜお酒を飲むと下痢になってしまうのでしょうか?そこにはこんな原因が存在していました。。。

飲酒翌日の下痢の原因1 「水分の取りすぎ」

「そうでしょうね」となる原因ですね。普通の水やジュースを飲むよりもビールやチューハイ、ハイボールなんかは喉ごしも良くてグイグイ飲めちゃいます。個人差はあると思いますが、気がつくとジョッキが4つ5つと空いていてなんてこともあるでしょう。

そう、この飲みやすさというのが厄介で、アルコールの有無に関わらず単純に「大量の水分を短時間に摂る」という行為のせいで腸に流れ込んできた水分を吸収することができずに、そのまま下痢として排出してしまうのです。

飲酒翌日の下痢の原因2 「アルコール分を排出する為」

アルコールを分解する為に肝臓には大きな負担がかかります。そして、肝臓だけではなく胃や腸にも大きな負担がかかっていて、お酒を大量に飲むことによって胃腸の消化や水分を吸収する力を弱めてしまいます。そして消化不良による下痢の原因になるんですね。

さらに、アルコールによって腸の運動が活発過ぎる状態になる為、消化物が十分に吸収される前に肛門まで運ばれ、下痢となって排出されてしまいます。

飲酒翌日の下痢の原因3 「脂分の取りすぎ」

ビールと唐揚げ、ハイボールと串カツ、サワーにポテトフライ!考えるだけで「酒と食べ物の最高の組み合わせ」はたくさんありますよね。

と、いう食べ物が残念ながら下痢の原因です。

脂分が多い食べ物は消化しにくいので下痢の原因になってしまうんですね。さらに満腹中枢が麻痺し、飲み会の雰囲気も相まって過剰に食べてしまうというのも原因の一つです。

下痢にならない飲み方なんてあるの。。。?

もはや、飲み会の醍醐味とも言える(個人差はあります)酒のガブ飲み、ジャンクフード食べまくりが制限されてしまうのは目に見えていますが、ここからはお酒を飲んだ翌日に下痢にならない為の対策を紹介します。

下痢にならない飲み方1 「水分の量を控える」

やっぱり来たか〜!!という対策ですね。残念ながらこればかりは仕方ありません。ごくごくと胃に流し込むのは避けてゆっくりと一口ずつ味わって飲みましょう。

特に、水分の多いビール、チューハイ、ハイボールは胃液を薄めて内臓を冷やし、胃腸の消化や吸収する力を低下させてしまいます。

例えば、ですが日本酒やワインなどをゆっくりと飲むといった楽しみ方に切り替えてみるのはいかがでしょうか。

下痢にならない飲み方2 「内臓を冷やさない」

先ほどの項目にも少し出ましたがビールなどで内臓が冷えると胃腸の消化や吸収する力を低下させてしまうので内臓を冷やさないようにするのも一つの対処法です。

日本酒の熱燗や焼酎、ウイスキーのお湯割りなどに切り替えることで下痢になる確率を下げることができます。

とはいえ、ビールが美味しい夏の夜などはさすがに熱燗やお湯割りはきついですよね。そういう時は寝る前に湯たんぽなどでお腹を温めたり、翌朝に暖かいお茶やお湯を飲むなどして内臓を温めてみるのも良いでしょう。

下痢にならない飲み方3 「脂っこいものを避ける」

これも、もはや仕方ありません。肝臓はアルコールの分解で忙しくなるので負担を減らす為に脂っこいものは避けて、あっさりした消化の良いものを食べましょう。その際に「良く噛んで食べる」というのも効果的!満足感を得やすい上に胃や腸を助ける効果もあります。

具体的には調理で肉の脂が落ちる焼き鳥や、おでんなどの煮物、焼きうどんや焼きおにぎりなどのある程度食事系のものがおすすめです。

楽しいお酒を長〜〜く楽しむ為の対策を!

アルコールは刺激物ですので胃や腸を傷つけます。そしてアルコールを分解する為に肝臓などにも大きな負担がかかります。

極論を言うと「飲まない」という対策が一番なのですが、なかなかそうは行きません。

なので、下痢に限らず体に負担のかからないお酒の飲み方を知り、体をいたわりつつお酒を楽しむことが健康を維持する為に必要になってくると思います。

その場しのぎの下痢止めではない『黒梅日和』で腹痛対策を!

それでも腹痛・下痢が改善されない方には、株式会社北の達人コーポレーションが発売する、驚異的な「下痢」対策サプリ『黒梅日和(くろうめびより)』がおすすめです。

身体の内側をリフレッシュして正常化する 紀州産梅肉エキス、沖縄産ガジュツ末(紫ウコン)、 アロニアエキスを黄金比率で配合しています。『黒梅日和』は、そもそも下痢にならない身体へ導くサプリ。1日5粒を水で飲むだけでOK。 身体の負担を心配する方のためにナチュラル成分で作られています。

上記、紀州産「梅肉エキス」、沖縄産「ガジュツ末(紫ウコン)」アロニアエキスを含む黒梅日和をん飲むことで、身体環境を健やかな状況に保ち、悩みを起こさない身体を維持することが可能となります。

身体への負担を気にされている方が多くいらっしゃるかと思いますが、「黒梅日和」なら自然の力で悩みを起こさない身体になることができます。

しかも、、、

【商品名】
黒梅日和(くろうめびより)
【内容量】
42g(150粒入り)
【原材料名】
梅エキス、甘藷末(アヤムラサキ)、でん粉、ガジュツ末、大豆ファイバー、アロニアエキス末

【栄養成分表示 (5粒1.4gあたり)】
エネルギー 4.9kcal、たんぱく質 0.05g、脂質 0.02g、炭水化物 1.14g、ナトリウム 7.6 mg( 食塩相当量 0.02g)

【お召し上がり方】
1日5粒を目安に、水またはぬるま湯と一緒にお召し上がりください。
※ 大豆にアレルギーのある方はご使用をお控えください。
※ 妊娠中・授乳中の方はお召し上がりをお控えください。

お酒を飲む時間を楽しむ為に、少しずつで良いので今回紹介した事柄を注意していきましょう!もちろん、今回ご紹介した内容は「個人差」があるものが多いです。そもそもな体質として、お酒を飲んだ翌日にお腹を下す方も多く存在します。

お酒は嗜む程度に、楽しく、そして翌日への負担を最低限に!

シェアする

悩み解決をSNSでフォローする

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。 ※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。