休肝日も最高!飲酒しない事のシンプルな効果やメリットとは

(プシュ!)「カンパーイ!!」

パーティーや飲み会、花見やバーベキュー、仕事帰りに、自宅で寝る前に、、、「お酒」の楽しみ方や付き合い方は人それぞれですよね。

お酒は「百薬の長」とも言われています。仕事後の一杯が最高!!ということで毎日お酒を飲んでいるなんて方も多いのではないでしょうか。

しかし、お酒を飲み過ぎることによって様々な体調不良を引き起こしてしまうなんていうこともあります。

とはいえ、病気や中毒などの不吉な話は今回はいったん置いて、シンプルに「お酒をやめたらどのようなメリットがあるのか」を考えてみましょう。

[PR]

禁酒のメリット・効果はこんなにもある!

禁酒のメリット・効果1 「睡眠の質が上がり、朝スッキリ起きることができる!」

まず、気付きやすい変化はこちらでしょう。休肝日を意図的に作っている方は実感しているかと思います。

毎日お酒を飲むことが習慣になっている方は、朝起きるのがだるくて布団の中でゴロゴロしてしまったり、すぐに起きれないということがあるかと思います。若い頃は大丈夫でも年齢とともにお酒を飲んだ翌日の疲れは徐々に出てきているでしょう。

お酒を飲まないと寝起きがよくなり、スッキリと行動できるようになります。

お酒の力で強制的に眠っていたような方は逆に寝つきが悪くなってしまうでしょう。それは「自然に眠りに入る」という体の機能がうまく作用していない証拠です。

しかし、お酒は睡眠の質を下げてしまい、体や脳はゆっくりと休むことができません。入眠の準備をしっかりと行い、お酒の力に頼らなくても睡眠ができるようにしましょう!

[眠れない...]準備が大切。睡眠不足を解消する5つの方法!
睡眠には「日中の作業効率が上がる」「ストレスが解消される」など様々な効果があり、日々の生活にとって大切なものですが、残業続きで帰宅も遅くなってしまったり、会社や家庭での不安やストレスで眠れなかったりが原因で睡眠不足に悩まされている方も多いのではないでしょうか。

禁酒のメリット・効果2 「ダイエット効果もあり!」

お酒に含まれるアルコールは肝臓で分解されるのはご存知かと思います。では、その肝臓がアルコールを分解する時に中性脂肪も同時に作られてしまうことはご存知でしょうか?

中性脂肪は体を動かすためのエネルギー源ではあるのですが、中性脂肪がありすぎて使いきれなかった分は皮下脂肪や内臓脂肪になって体に蓄えられてしまいます。

さらに、お酒を飲む時は「おつまみ」を食べますよね。特に揚げ物や塩分の高い物はお酒とよく合うので最高!、、、なのですが、こちらも肥満の原因になります。そして、満腹中枢が麻痺するので通常よりもたくさん食べてしまうということも起こります。

この脂肪が溜まってしまう原因がお酒を飲まないことによって断たれるので脂肪もどんどん減っていくという訳ですね!

禁酒のメリット・効果3 「お肌がきれいになる!」

お酒のアルコールを分解するためには大量の「水分」が必要です。そして、お肌を潤すために必要な水分も奪ってしまい、肌が乾燥してしまいます。

乾燥した肌はニキビや黒ずみ、くすみなど様々な肌トラブルの原因です。

さらにアルコールはダメージを受けたお肌を修復するために必要な栄養分のビタミンCやEの働きを妨害します。

お酒をやめることで水分がお肌に行き渡り、ビタミンも正常に働いてくれるので肌が正しい状態へと変化していきます!

禁酒のメリット・効果4 「お金が貯まる?!」

最後はこちら!「お金が貯まる」というよりかは今までお酒に使っていた分が飲まないことによって手元に残るという話です。

例えば家でお酒を飲む場合。最近はプライベートブランド商品などの安いお酒が増えましたよね。とはいえ、お酒を日常的に飲まれている方は1本や2本で終わらないなんてこともあるかと思います。

結果的には安い酒を何本も買ってしまう、さらにおつまみも買って、などなど考えると1日くらいでは気にならない金額かもしれないですが月単位、年単位で見るとまぁまぁな額になっていますよね。

と、いうことでお酒を飲まないことによって普段よりもお金が節約できます!

いきなり完全に禁酒しなくても、、、

さて、今回はシンプルに「お酒を飲まないとどうなるか」を紹介しました!

最近朝起きるのが辛いんだよな…
今まで気にしてなかった肌荒れが出てきた…
お腹がぽっこり出てきたな…

もし、お酒を日常的に飲まれている方で、ふとこういった悩みが頭をよぎったら一度「お酒を飲まない」という単純な方法を実践してみてください。

いきなり完全に禁酒!!もう飲まない! そんな決意はとりあえず必要ありません。週に1日2日でも良いので休肝日を作ってみることから始めましょう。

シェアする

悩み解決をSNSでフォローする

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。 ※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。