朝シャンしてるとハゲる?!体臭予防には適すが薄毛の可能性も

「ま、朝に入ればいいか〜」

仕事や飲み会などで帰宅が遅くなり、一刻でも早く寝たいという状況。どうしてもこんな感じで入浴をしないで寝床に直行なんてことありますよね。

1日2日ではなく徐々にそれが習慣化してきて朝にシャワーを浴びるというスタイルの人ももしかしたらいるかもしれません。寝汗をスッキリ落としたい!あるいは夜に入浴した上で朝にも目覚めのシャワーを!なんて方もいらっしゃるでしょう。

さて、ここで気になる噂話があります。

それは「朝シャンでハゲや薄毛になる」という噂。

。。。

はい。こちらの噂には科学的な根拠はございません。朝にシャンプーする、いわゆる「朝シャン」はハゲ、薄毛の直接的な原因にはなりません!!

しかし、なぜ「朝シャンでハゲや薄毛になる」という説が浮上したのでしょうか?

それは「間違った朝シャン」をする事によって頭皮の環境が悪化することに原因があると考えられます。

[PR]

ハゲ、薄毛になる可能性がある「間違った朝シャン」ってなに?!

頭皮環境はハゲや薄毛にとって重要です。朝シャン自体がハゲや薄毛の直接的な原因ではありませんが、正しくない「間違った朝シャン」はそんな頭皮環境を悪化させる可能性があります。

では、どのような理由で頭皮の環境が悪化するのか見ていきましょう。

「必要な皮脂まで洗い流してしまう」

頭皮にも肌にも乾燥や外的ダメージから守るなどのバリア機能を果たす為の「必要な皮脂」が存在します。

夜にシャンプーをしたのに翌日さらに朝シャンをすると必要な皮脂まで洗い流してしまっているという可能性が考えられます。

必要な皮脂を落としてしまう事によって頭皮のバリア機能が弱まり頭皮の乾燥によるフケやかゆみ、皮脂の過剰分泌によってベタつくなど頭皮トラブルを引き起こす場合があります。

こういった頭皮のトラブルで頭皮環境が悪化する事によって「朝シャンでハゲ、薄毛になる」という説が噂になったと考えられます。

「シャンプー後のすすぎ不足」

朝シャン。その字の通り朝にシャンプーをするということですが、朝といえば時間に余裕がない場合も多いかと思います。

サッとシャワーを!の「サッ」が曲者で、早く上がって準備しないとという心理からシャンプーをした後の「すすぎ」が不足してしまうという状態が起こるかもしれません。

すすぎが不足するとシャンプーの成分が頭皮に残って毛穴につまってしまい、かゆみやフケなどの頭皮トラブルに繋がるという可能性があるんですね。

と、いうことでこちらも上記の「必要な皮脂まで洗い流してしまう」と同じく頭皮のトラブルを引き起こす事になるので「朝シャンでハゲ、薄毛になる」という説が噂になったと考えられます。

「乾かす時間がなくて蒸れてしまう」

こちらも、時間がない朝のバタバタ状況で起こる可能性です。

朝シャン後に髪を乾かす時間が十分に取れず、半乾きや濡れた状態で放置してしまい、頭皮が蒸れて細菌が繁殖しやすくなってしまう。という流れです。

そして、頭皮のくさい臭いや頭皮トラブルを招いて頭皮の環境を悪化させてしまいます。

以上の事から「朝シャンでハゲる」という説が浮上したと考えられます。結果的には頭皮環境を悪化させてしまっている事が原因なんですね。

じゃあ「正しい朝シャン」の方法って何?!

そもそも朝シャン自体がハゲや薄毛の直接的な原因ではないということは解りましたが、正しい朝シャンの方法とはどのようなものなのでしょうか?

次の項目では朝シャンを行うときに気をつけたいポイントを紹介していきます!

シャワーを浴びる前に「ブラッシング」しよう!

朝、ギリギリまで寝てしまって飛び起きてシャワーに直行!そして髪や頭皮にシャワーをかける!という状態の方も多いかと思います。

しかし、このやり方はNGなのです。まずシャワーを浴びる前に軽くブラッシングして髪をほぐしてあげましょう。ブラッシングによって髪に付着した汚れなどを受け上がらせて、髪同士の絡まりを解いて効率的で清潔にシャンプーをする事ができます。

熱湯はNG!38度のぬるま湯が適温!

朝のシャワー。夏場は暑かったから冷たく、冬は寒かったから高温で、、、と調節したくなるかもしれませんが、朝シャンは「水温」に気をつけないといけません。

冷水だと毛穴が広がらず、汚れを十分に洗い落とすことができません。高温すぎると頭皮が乾燥し髪にダメージを受けやすい上に、髪本来がもつキューティクルも失ってしまいパサつきを生む原因へと繋がります。

朝シャンは38度くらいのぬるま湯が適温とされています。そしてシャンプーを行った後は時間をかけてしっかりと洗い流しましょう。

髪をしっかりと乾かす!

最後にシャワーから上がった後も大事です。朝シャンでハゲる説が浮上した原因の項目でも触れましたが、朝シャン後に髪を乾かす時間が十分に取れず、半乾きや濡れた状態で放置してしまうと、頭皮が蒸れて細菌が繁殖しやすくなります。

せっかく清潔感を出す為のシャンプーも乾かさない事によって、頭皮のくさい臭いや頭皮トラブルを招いて頭皮の環境を悪化させてしまいますので、時間がない朝でも頑張ってしっかりドライヤーで乾かしましょう!

結局、何気ない「手抜き」の積み重ねが頭皮環境悪化の原因に!

と、いうことで今回は朝シャンはハゲ、薄毛の直接的な原因ではない事、朝シャンがハゲ、薄毛の原因と言われる理由、その対策方法を紹介しました。

明日の朝にシャワーすればいいか〜。ということ自体は問題ないのですが、やはり「朝の時間がない」という状況でシャンプーしてしまうとどうしても「すすぎ」や「乾かし」がおざなりになってしまいがちですよね。

数日だと自分自身では気にならないかもしれませんが、中・長期的なスパンでそんな状況が続くと頭皮環境の悪化に繋がります。

朝シャンをするときは今回紹介した対策方法を思い出してスッキリ清潔な1日を過ごしましょう。

シェアする

悩み解決をSNSでフォローする

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。 ※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。