心も大人に。強い自立心を鍛える5つのトレーニングとは

「自立心」それは周りの力に頼らずに自分の力だけで物事をこなそうとする気持ちです。

自立心がない男は結婚できないとすら言われています。勤めている会社が倒産したら、リストラにあったら、友人や職場の仲間から疎外され孤立したら、、、様々な状況に置かれても自立心のある人は、うまく受け入れて次の目標を決めて行動します。しかし自立心のない人はその事を受け入れられずどうしていいか悩むだけです。

「自立心」を持つ事ができれば、あらゆる状況が襲ってきてもすぐに立ち直る事が出来て、最終的に理想に近い状態を作り出す事ができるかと思います。

そんな「自立心」はどのようにして持つ事ができるのでしょうか?今回は自立心の鍛え方についてご紹介いたします。

[PR]

5つの「自立心トレーニング方法」!!

自立心トレーニング1 「人に相談する前に自分で考える!」

イメージはしやすいかと思いますが、自立心がないひとは意外と習慣化するのが難しい事。それが「人に相談する前に自分で考える」という事です。

例えば、仕事で何かのトラブルが起こった時に「今どのような問題が起きているのか」「その原因は?」「問題を解決する方法は?」人に相談する前にまずは自分で考えましょう。

もちろん、しっかりと考えた上で、そもそもトラブルがあまりにも大きな問題で「自分一人の力では解決できないレベル」のものと解った場合は上司や先輩を頼るべきです。

仕事ではなくても金銭面で困った時にすぐに親に頼ったり友人を頼ってお金を借りるというのもNG!自分の持ち物を売ってお金を作るといった感じでなんとか凌ぐ方法を自分で考えましょう!

トラブル、問題に限らず日常的な小さな事でも「とにかく自分で考えて行動する」という事が自立心を鍛える方法の1つと言えます。

自立心トレーニング2 「行動を起こし、成功体験を積もう!」

トレーニング1の「自分で考える」というのは大事です。大事ですが考えるだけでは意味がありません。考えた上でしっかりと行動することが大事です!

先ほどの例え話で出てきた「何かのトラブルが起こった時」で考えてみましょう。トラブルが起こった時に自分で考え、その解決方法が出たら可能な限り速やかに行動開始しましょう!

もちろん、それが完全に「正解」で「上手くいく」とは限りません。しかし「うまくいくのかな。。。」と逃げ腰になっていると、いつまでたっても自立心は鍛える事ができません。

もし、上手くいかなくても気にしてはいけません!「自分で考える」からの「行動に移す」という事が習慣になれば「上手くいく」事も出てくるんです。

自分で考えて、自分で行動して解決した!という成功体験が自信に繋がります!一度でも成功体験をすれば、その次、その次、とより一層高いモチベーションで挑む事ができます。

「行動して成功するという成功体験を積む事」それが自立心のトレーニングになります。

自立心トレーニング3 「周りに頼る人がいない状況を作る!」

もし、身近に「頼ってしまう人」がいると自立心を鍛える事ができません。自分で考える前にその人に頼る事が習慣化してしまっているからです。

例えば実家で両親と一緒に暮らしているとしたら実家を離れて一人暮らしを始めるというのも良いでしょう。頼っているつもりがなくても、毎日顔を合わすという状況の中にいれば知らず識らずのうちに頼っているということもあります。

周りを頼れないという状況に身を置く事で、早く解決したい事に対して自分で考えて行動するようになれます。

自立心トレーニング4 「人に優しくすること」

これは人間関係の中で何をするにも当てはまる事になるのですが「人に優しく」するという事も自立には重要なんです!

自分で考える、自分で行動すると書きましたが、自分の事「だけ」を考えていてもダメなんです。周りの人の事を考える事ができるという余裕を持つ事が自立力がある人の特徴だからです。

自分の事でいっぱいになってしまうと周りの状況や相手の気持ちを考える事ができません。常に冷静で心に余裕を持つ事も自立心を鍛える為に必要なことだと思います。

自立心トレーニング5 「経済力をつける!」

経済力をつけるのも自立心トレーニングの一つです。「精神的な自立」と「経済的な自立」という言葉もありますね。心理面と共に金銭的な面を鍛えることも、自立心を鍛えるで大切なポイントなんです!

しっかりとした経済観念を持って生活する事で金銭管理も上手にできるようになります。そして経済的に自立するによって「現実的な将来の目標」も立てやすくなるんですね。

経済的に自立することができれば、精神的な自立心も自然と高まっていくでしょう!

さぁ!自立心を鍛えよう!

自立心は鍛える事ができます。もちろん、意識をしないでも自立心をどんどん成長させる事ができている人もいます。

そして、自立心がない人は危険です。

もし、頼っている人が全ていなくなったら、頼っている会社がなくなったら、その時は自分自身の力で生きていかないといけません。しかし、自立心がない人は、そんな状況になると途方にくれて自暴自棄になります。

「いつまでも今の環境がある」と思わずに、自分で考え、自分で行動し、どんな状況でもどっしりと構えて冷静に対応ができる自立心を鍛えておきましょう!

シェアする

悩み解決をSNSでフォローする

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。 ※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。