【ラーメン二郎好きも必見】ラーメン後、腹痛・下痢になる原因と対策

子供の頃からラーメンが大好きで、今でも1日3食ラーメンでも全然余裕で食べれてしまう程の勢いで好きすが、一つだけ悩みがあります。

それは「ラーメンを食べるとお腹を壊す」という場合が多いのです。。。

もちろん、全てのラーメンに当てはまるわけでもありませんし、その日の体調や食べ方などによって変化はします。

さて。好きなラーメンの中でもここ数年ずっと愛してやまないのが「ラーメン二郎」です。最近は二郎インスパイアと呼ばれる、いわゆる「二郎系」も多種多様な美味しい店舗が現れ、本家二郎に限らず二郎系にも足繁く通っています。

まぁ、お腹の調子は悪くなりますよね。

あの美味しさとエネルギーを得るためにそれは仕方ない事と思っていたのですが、年齢を重ねるごとに「このままではいけないかも」とさすがに思いました。(「じゃあ、食べなきゃいいのでは」と言われてしまうと ぐうの音も出ないのですが。)

と、いうことで「いつまでも二郎系ラーメンを食べれる様に」という思いを胸に抱き、最近はラーメンを食べることによって起こる下痢、腹痛の原因を考えて対策を行うようにしています!

二郎だけではなく、ラーメンを愛する皆様の為に今回はラーメンを食べて下痢、腹痛になる原因とその対策をご紹介いたします。

[PR]

そもそもラーメンは下痢を発生させやすい?!その原因と対策は?!

そもそもラーメンは、

・大量の水分と一緒に食べる
・脂肪分が多く、消化しにくい
・消化酵素がゼロ

という理由で下痢になりやすい食品と言われています。さらにこれに加えて「化学調味料」や「ニンニク」などが原因になるという場合も。。。

それではラーメンを食べて下痢、腹痛になる原因と対策を見ていきましょう。

ラーメンを食べると下痢になる原因と対策1 「鹹水(かんすい)」

まずはこちらです。「かんすい」とは、ラーメンを作る時に使うアルカリ性の食品添加物。簡単に言うとこの「かんすい」によってラーメン特有のコシと独特の風味が作られているんですね。

かんすいはカップ麺や袋めんなどのインスタントラーメン、お店のラーメン問わず含まれています。

そして、この「かんすい」が影響して腹痛下痢を起こしている可能性があります。

なぜ下痢の原因になるかというと、かんすいのアルカリ性が腸へ刺激を与えてしまうためなんです。どのくらいの量でお腹を壊すかについては個人差はあります。

通常、このアルカリ性は麺を茹でる際に溶け出しますので問題にはなりませんが、硬めの麺が好きな人は茹で時間が短くなるため、かんすいが麺に残りやすくなるんですね。

対策としては固めの麺を頼まないこと。とんこつラーメンのバリカタなども美味しいですがここは我慢!

また、酸性の物(レモンなどの柑橘類等)と一緒に食べることも対策になると言われています!

ラーメンを食べると下痢になる原因と対策2 「脂」

ラーメンの「脂」って美味しいですよね。しかし、ものによってはこちらも下痢の原因となりやすい一つだと思います。

しかし、ラーメンでもあっさり系のものはそれほど下痢に対して気にする事もないと思います。下痢をしやすい人にとって問題なのは、脂がギトギトしている感じのラーメン。

脂が多いため、うまく消化しきれず消化不良になり、腹痛や下痢などの原因になっている可能性があります。

対策としては脂マシを我慢する、少なめにするなど減らして様子を見たり、スープを極力飲まないなどが挙げられます。完飲したい気持ちも解りますが、ここはグッと耐えましょう。

ラーメンを食べると下痢になる原因と対策3 「水の飲み過ぎ」

続いての原因はこちら。ラーメンは味が濃いものが多く、食べながら水を飲みすぎてしまうことが多くなるかと思います。

多くのラーメン屋さんのカウンターには水が置いてあって、自由に飲めるのでつい何杯も飲んでしまうなんてことも。

ラーメンを食べながら水を飲み過ぎると、胃液が薄まって消化能力が落ちてしまい、下痢になると考えられます。

対策としてはシンプルに「なるべく水を飲まない」という方法が良いかと思います。

ラーメンが好き!だからこそしっかりと対策を!!

ラーメン、特に大好きな二郎系ともなると大盛でマシマシで豪快に食べるのが醍醐味みたいなイメージもあるかと思います。もちろん、そういう食べ方をしても全然お腹を壊さないなんて人もいるでしょう。

しかし、そのイメージだけで無理して食べて身体を壊してしまうようでは元も子もないですよね。

「ラーメン二郎」好きに捧ぐ!ニンニク臭への臭い対策7選
「ニンニク」それはラーメンに限らず、様々な料理に抜群のパンチ力と食欲をそそる効果を与えてくれますよね。ニンニクは健康維持や元気が出るとされ、実は生活習慣病の改善や大腸ガンの予防にまで役立つと言われていて、実際にその効果を示す研究結果も出ているんです。

もし「ラーメンが好きなのにお腹を壊しやすい」という方はこのどれかが原因になっている可能性があるので、少しずつ減らして調整して自分にあったバランスを知りましょう。

ただし!激痛がはしる場合や何かのアレルギーだった場合は無理せずに病院に行ってくださいね!!

シェアする

悩み解決をSNSでフォローする

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。 ※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。