眠い…コーヒーを! → カフェイン中毒に注意。その症状と対策とは?

朝は目覚めのコーヒー
出勤しながら、出勤したらコーヒー
ランチ後のコーヒー
睡魔対策で15時のコーヒー
夕飯後のコーヒー

1日の中でコーヒーを美味しく飲むタイミングってたくさんありますよね。実際に自分もコーヒーが大好きなのでかなりの頻度で飲みます。眠気もスッキリするし、休憩後に集中するし、良いことばかり!!

、、、と思いきや、インターネット、雑誌などで「カフェイン中毒」という物騒な言葉を目にする事がたまにあります。

カフェインの中毒?!

そう、冒頭でコーヒーを連呼してしまいましたが、コーヒー以外にも紅茶や緑茶、エナジードリンク。様々な場面で摂取する機会の多いこれらの飲み物には、もれなくカフェインが入っています。

コーヒーや紅茶や緑茶、栄養ドリンクやエネジードリンクを「毎日飲んでいる人」や「習慣化している人」は要注意です。

[PR]

カフェイン中毒ってどんな状態??

一度に沢山カフェインを摂取すると血中のカフェイン濃度が高くなり、さまざまな中毒症状が現れることがあるようです。

もし次のような症状が現れたら注意が必要。

イライラしたり、気持ちが不安定になる

カフェインを摂りすぎたことによって「イライラする」「強い不安感を感じる」「急にハイになる」などの精神症状が出ることがあります。

精神的な不安や焦燥感を頻繁に感じることで、パニック障害や不安障害になる危険性もありますので注意が必要です。

動悸やめまいなどの心肺系の症状

カフェインは神経を覚醒させたり興奮させたりする一方で、過剰摂取すれば「動悸」「心拍数の増加」「めまい」などの症状を引き起こします。

目は覚めたけど何故かドキドキする、なんていう時にはカフェイン摂り過ぎのサインです。

胃痛や吐き気など消化器系の症状

カフェインはとても刺激の強い成分であるため、胃酸が出過ぎてしまい、胃腸の粘膜を傷つけることもあるので胃痛などが起こりやすくなってしまいます。

特に空腹時は痛みが出やすく、ひどくなると吐き気や下痢が起こることも。

また、覚醒作用によって自律神経の交感神経が活発になりすぎるとそれが原因で吐き気を催すことがあります。

血管の収縮による頭痛

カフェインには血管を収縮させる働きがあり、片頭痛などの血管が膨張して起こる頭痛には有効な場合があるのですが、緊張型の頭痛には血行が悪くなり逆効果になることも。

また血管が急激に収縮した場合、拡張する時に血流が増加して、それが頭痛の原因になることもあります。血管が拡張すると周囲を走っている神経を圧迫し、ズキンズキンという周期的な痛みを発生させるのです。

カフェイン中毒の対処法とは?!

カフェイン中毒には慢性的なカフェイン中毒と急性的なカフェイン中毒があります。

急性的カフェイン中毒になった場合

基本的にはカフェインが体内から代謝されれば中毒症状は消えると言われています。

しかし、あくまでも「軽度のカフェイン中毒だった場合」の話です。重度になると幻覚とか幻聴が起こるほどになるそうなので、その場合は医者に行くのが良いでしょう。

慢性的カフェイン中毒の場合

これは体がカフェインに依存している状態だから、まずはカフェインから離れることが必要です。一切口にせず完全に断つ事です。

慢性のカフェイン中毒でも、タバコやお酒のように直接脳神経に作用するわけじゃないから、依存症から抜けるのも簡単と言われています。

近頃はノンカフェインのコーヒーや紅茶、緑茶が販売されているので「飲んだ気分」になって脳を騙してカフェインが抜けるのを待つという方法もおすすめです!

カフェインとは上手に付き合おう!

結局、カフェイン中毒は「体内から代謝されるのを待つ」という対処方法になります。

「じゃあ余裕だな。」と、思ったアナタ!油断してはいけませんよ!

最近はカフェインの摂取が原因で救急搬送される若者が急増しております。

それは「エナジードリンク」の過剰摂取「カフェインの錠剤」が原因とか。

もちろん、用法用量を守って利用すれば安全ではありますが「頑張れるから」と習慣的に摂取し、「最近効果が薄れてきたな。。。」と1日にもう一本もう一本を増やしてしまうとカフェイン中毒の危険性が増します。

カフェインの効果、その危険性の両面を知り、うまく調節して摂取しましょう!

シェアする

悩み解決をSNSでフォローする

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。 ※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。