遊びやすいけど要注意。危険なメンヘラ女の見極め方!!

「メンヘラ」という言葉がネットから一般まで浸透してしばらく経過しましたね。精神的な疾患を持つ人の事を指していますが「メンヘラ女子」など軽い感じで使われる事が多いですよね。

メンヘラといえばイメージ的に「面倒くさそう」「あまり関わりたくない」と思う方が多いと思います。最初からパッと見て露骨にメンヘラであればわかりやすいのですが、なかなかそうは行きません。そう、付き合っていく内に少しずつメンヘラ感が見えてくるような、いわゆる「隠れメンヘラ」が多数を占めているんです。

メンヘラの特徴としては言動や行動が少し変わっていて、自分が関心がある特定の相手に対しては構ってもらいたい、気にかけて欲しいと強く思う傾向にあります。

「妙に急接近できたな」と思っても実は「隠れメンヘラ」だった、となると付き合うのも別れるのもとても面倒な事になりかねません。

今回はそんなメンヘラ女子の見分け方を紹介していきたいと思います。

メンヘラ女子の特徴とは??

寂しがりやで極度の「かまってちゃん」

基本的にメンヘラ女子は寂しがりやで自分に関心を持ってくれる人を探し求めています。そして自分を意識してくれている感覚を常に欲しがる「かまってちゃん」であると言えます。

しかしながら、いきなりその感情をぶつけてしまうと「相手が引く」というところまでしっかりわかっている場合が多いのが隠れメンヘラの怖いところです。

後は、夜中でもLINEのレスが異常に早かったり、こちらの返答が遅れると矢継ぎ早に「ねぇ」「LINE見てないの?」「もういいよ」と凄まじいコンビネーションを浴びせてきます。と、まぁここまで酷いと隠れでもなんでもないのですが、例えば「…」を多用したり「(;_;)」などの泣き顔文字のタイミングが妙だったりしていると予備軍の可能性もあります。

マイナス思考でネガティブな発言が多い

そしてわかりやすいこちらです。メンヘラ女子は自分に自信が持てないのに「認めて欲しい」という願望が強すぎるため「もうだめ」「こんな自分が嫌だ」など周りの人間に構ってもらう事を想定したネガティブ発言を繰り返します。

SNSの投稿も露骨にネガティブになりがちで、明らかに特定の人に向けたマイナス発言を行ったりもします。そして夜中はポエム無双と化します。あとプロフィール欄が「◯◯行きたい」「◯◯欲しい」「◯◯食べたい」などの「お願い神社」になっているというパターンもあります。

不特定多数の男性に依存する。

不特定多数の男性に連絡をとる行為自体は悪い事ではありません。その人の人柄もあるでしょうし、恋愛対象を探している時期であればなおさらです。しかし、メンヘラ女子は常に不特定多数の男性と連絡を取っています。

こちらは先述の「寂しがりやで極度のかまってちゃん」という部分からも容易に想像できると思いますが、不特定多数の男性と連絡を取り合う事により「モテている」という勘違いの承認欲求を満たそうとしていると言えます。特にモテてもいないのに「自分はモテる」と言い出す女性も要注意です。

SNSに投稿する写真。謎におっぱいを強調する”胸”や、セクシーギリギリな”足”が出ている。

まぁまぁよく見かけるパターンのやつです。

本文は「今日買ったコレ早速試した〜」的な内容で、もちろんソレも写っているのですが、心霊写真のように胸の谷間や生足が背後に写っている状態ですね。こちらは自己顕示欲の表れが強く出ていると言えます。

これだけだと、メンヘラかどうかを見極める要素としては少し弱いので、他には「写真が必要以上に美人」に盛っているというのもあります。もちろん美人は素晴らしい事です。しかし、毎度毎度必要異常に加工されていると「評価されたい」という感情が強い傾向にあるメンヘラ女子の可能性が高いです。

体調不良アピールが多い

体調が悪くなってしまうのは自己管理が〜云々〜とはいえ悪くなってしまうのは人間だれでもあります。しかし「吐いちゃったの…」「今日はなんだか気分が悪くて…」といったような「私の体調悪いです」発言があまりにも頻繁にある場合はメンヘラ女である可能性が高いです。

この体調不良の訴えはメンヘラ女子自身の愛情や自己肯定感の不足からくる他人へのアピールです。

危険なメンヘラ女子を見極めよう!

今回はわかりやすい症状を出してみました。

意中の女性ではなくてもあなたの周りにイメージできる人がいるのではないでしょうか。もちろん、メンヘラではなくても1つや2つくらい当てはまるケースもあるかと思います。

そして、メンヘラであったらすぐに離れたほうが良いです、メンヘラの全てが悪です、という話ではありません。ただ、注意が必要という事です。万が一、ワンナイトラブを決めてしまった日には、必要以上の抜け出せる範囲のフォローが必要です。

シェアする

悩み解決をSNSでフォローする

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。 ※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。