ダイエット中でも大丈夫?!飲み会へ向けての食事制限方法とは

歓送迎会、新年会、忘年会、、、その他にも花見やバーベキュー、イベントの打ち上げ、合コンなどなど年間を通して何らかの理由をつけて行われる「飲み会」。理由なんて無くコミュニケーションの場として開かれるなんてこともありますよね。

人と人の交流の場であり、そこで雑談などを行い様々な繋がりも増えていくし、親睦を深める機会にもなります。

そんな飲み会。可能であればどんどん参加したい気持ちは山々なのですが、どうしても気になってしまうのが飲み会が続くと太るという事なんですよね。

とはいえ、お酒を控える、サラダだけを食べ続けるという方法だけではせっかくのパーティーも楽しめません。

[PR]

そもそも飲み会が続くと太るのってなぜ?!

シンプルに「食べすぎ飲み過ぎ!」といえばそれまでなのですが、なぜ「飲み会で体重が増加するのか」その理由も説明しておきたいと思います!

おつまみが「糖質、油、塩」のデブ飯コンボ!!

例えば、飲み会のおつまみの定番に「ポテトフライ」がありますよね。ファストフードやジャンクフードで体重が増えるのは周知の事実。ポテトフライの「炭水化物+油+塩」というのは物凄く体重増加に繋がります。

ポテトフライに限らず、飲み会ではおつまみとしてこういった塩分の高い揚げ物が続々と登場します。お酒にぴったりなので組み合わせとしては最高なのですが、やはり体重増加の一番の原因です。。。

さらにアルコールで満腹中枢がマヒする!

おつまみだけが原因ではありません。アルコールを摂取する事によって満腹中枢がマヒしてお腹がいっぱいなのに、おつまみに手が伸びる、お酒を飲む、おつまみに手が伸びる、お酒を飲むという行動を繰り返してしまいます。

さらに飲み会の楽しい空気も相まって「まぁ、今日はいいか」と自制心も失ってしまいます。その結果普段の摂取カロリーの何倍も食べていた、、、なんて事が起こり得るんですね。

そして、帰宅後に即寝してしまう。

飲み会が盛り上がり終電ギリギリ、、、帰宅後に即座に寝てしまっていたなんて経験をされた事がある方もいらっしゃるでしょう。

胃に入った食べ物が全然消化されていない状態、、、つまり固形物が残ったままで寝てしまっては翌日の胃もたれの原因になってしまいます。

さらに、飲み会で血糖値が上昇している状態が続き、インスリンの分泌が追いつかなくなり、血中で行き場を失った糖が脂肪細胞に蓄えられます。その結果、脂肪細胞がどんどん肥大化するんですね。

大まかに上記3つの流れで飲み会で太るという原因を作り出してしまっているのです。

では、飲み会で太らないようにする対策とは??

さて、ここからがようやく本題です。

飲み会では通常の必要摂取カロリーを大幅にオーバーしてしまいます。そこで!飲み会の前後3日を利用してカロリーを調節するのです。

飲み会で太らないようにする。その方法は「飲み会前」「飲み会中」「飲み会後」の3段階の対策になります。

飲み会前日の夜 「炭水化物を控える!」

まずは前日の準備として炭水化物を控える事をオススメします。普段の半分くらい、、、もし可能であれば炭水化物を抜いてしまうのも良いでしょう。

飲み会でのカロリー過剰摂取を見越して、この段階からカロリーを押さえておくという準備です!

飲み会当日!! 〜準備編〜

まず飲み会の朝は少量で良いのでシリアルやおにぎりなどの炭水化物を摂取しておき、夜までのエネルギーを朝の一食でまかなうつもりで食べておきましょう!

そしてお昼は炭水化物を取らずにサラダと暖かいスープを食べます。

これで事前の準備はバッチリ!もし、小腹が空いてしまったら無理をせずにスムージーやナッツなどを摂取して低血糖を避けましょう。ここで不調が出てしまうと飲み会どころではないですよね。

飲み会当日!! 〜いざ、本番!〜

さて、待ちに待った飲み会スタート!!準備はバッチリなので思いっきり楽しみましょう!!

と、いう訳には行かず。せっかく準備をしてきたのでここでもいくつか注意しておきたいところです。

まず「野菜から食べ始める」というのが鉄則!!コースなどで順番に出てくる居酒屋では難しいかもしれませんが大抵のお店ではサラダ系は早く出てくるでしょう。(ちなみに自分が行った事のある居酒屋の中には食事が出てくる順番がめちゃくちゃなところもありましたが。。。)

野菜を摂取したら次は刺身、焼き魚などの油が少なめの物を食べていきましょう!その間にも野菜を摂取する事を忘れずに!そして、ここまで準備ができれば問題の唐揚げやフライなどの揚げ物系に手を伸ばしても大丈夫!!

飲み会終了後の対策として「店を出た直後に水を一本飲む」というのが個人的にオススメです。この水を飲むという行動をとる事によって「飲み足りないな〜」「シメのラーメンに行きたいな〜」という気持ちを抑制する事が結構できます!でも、付き合いで二次会に参加する事もあります。

飲み会翌日 「胃を休める!」

飲み会の翌日の朝はやはり、普段よりも多い食事の摂取で胃が疲れています。摂取する物はミネラルウォーターやスムージーなどの水分が多くて胃に負担がかからないもので済ませましょう。

もし、時間に余裕がある方は軽いストレッチなどを行いカロリーを消費するのも良いでしょう。お昼ご飯も炭水化物を少なめにしてスープなどでお腹を満たしてあげます。

そして、夜ご飯から普段の食事に戻しても大丈夫です。

疲れが溜まっている方へ。live juice(ライブジュース)でクリーンで元気な体を!
20代の頃は毎日飲み歩いても、週末オールをしても少し眠れば疲れもすぐ吹っ飛んでいたけれど、年を重ねる度に体の疲れが取りにくくなったり不調が起こりやすくなってきている。健康やメタボなど、生活が不規則で今後のことが心配・・・。実は自分の体のことを結構気にしている方も多いのではないでしょうか?

飲むなら楽しく健康的に!!

以上、前日〜翌日の3日間をかけてカロリーを調整するという方法を紹介しました!飲み会に行かない、飲み会の回数を減らして我慢する、という方法もあるかもしれませんが、どうせなら楽しく健康的に参加したいですよね!

飲み会の内容にもよるんですがね、、、

あっ!もし「二日酔いになってしまった」なんて方にはこちらの記事もオススメです!!

飲みすぎちゃった...つらい二日酔いに効くツボがあった!!
二日酔いになってしまったのは仕方ない(飲み過ぎ注意!)として、グダグダの状態で仕事を行うと普段通りのパフォーマンスなんて発揮できないですよね。応急処置として効果のある「二日酔いに効くツボ」をご紹介!

シェアする

悩み解決をSNSでフォローする

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。 ※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。