つらい腰痛に、押して楽になる腰痛のツボ3選と注意点

腰の痛みや張りって様々な行動に影響が出てしまいますよね。。。

長時間同じ姿勢での作業が続いたり、悪い姿勢で過ごしているとすぐに腰が痛くなってしまいます。また、日頃からの運動不足や食事制限を無視した肥満体型などの原因によって血行が悪くなり、筋肉がこわばって周囲の神経を圧迫してしまうという状態でも腰痛症は発生します。

さらに緊張状態が続いたりストレスで腰痛を引き起こすという話も。

腰痛を放置してしまうと「慢性腰痛」になってしまう可能性があります。慢性腰痛になると煩わしい痛みが長く続いたり、腰の症状が良くなったり悪くなったりを繰り返してしまいます。

常日頃から腰のケアを行いたいところですよね。

今回はそんな腰痛に対して簡単に行える「腰痛に効くツボ」を紹介したいと思います!

[PR]

腰痛に効くツボ押しの注意点!!

気持ちいい!効果があるはずだ!と思って力任せに押すのは得策とは言えません。また、ツボを押す際の状況にも注意が必要です。

ツボ押しを行わない方が良い状況

・食後30分
・飲酒後
・妊娠中
・発熱などの体調不良時

など、ツボをマッサージする際に注意しないといけない時間帯、タイミングなどがあります。

ツボ押しの注意点

ツボを押す時はなるべく正確に。
力任せに押さない。状況によってはさする程度でも大丈夫です。同じツボばかり長時間押さない…などがあります。

腰痛に効くツボとは!

それでは腰痛に効くツボをご紹介いたします。

1:腰痛に効くツボ 「腰腿点(ようたいてん)」

まずはこちら。手の甲にある「腰腿点(ようたいてん)」です。手の甲の「人さし指と中指」「小指と薬指」の骨の分かれ目のそれぞれ中央に位置します。

親指と人差し指を当てて手の甲を挟むようにして押してください。1日2〜3回、1〜2分程度押しましょう。

2:腰痛に効くツボ 「照海(しょうかい)」

続いては足にあるツボ「照海(しょうかい)」です!内くるぶしの突起から真下に、親指の幅だけ下がった部分に位置します。

慢性化した腰痛に効果があるとされています!

3:腰痛に効くツボ 「腎兪(じんゆ)・志室(ししつ)・命門(めいもん)」

そして、腰の位置に横並びで存在する「腎兪(じんゆ)・志室(ししつ)・命門(めいもん)」 の3つのツボです。「命門」はおへその真後ろに、「腎兪」は命門から左右へ指2本分ほど離れたところに、「志室」は「命門」からさらに左右へ指4本分ほど離れたところにあります。

ツボ押し!気持ちいい~~~!!!

以上、腰痛に効くツボの紹介でした。今すぐにでも開始できる気軽なツボ押しですが、やはりそれだけで腰痛が治る!というわけではありません。

ツボ押しに加えてストレッチや運動なども織り交ぜて少しづつ回復させて行きましょう。そしてスッキリ快適な毎日を!

また、腰が急に痛むようになった場合は「ぎっくり腰」や「椎間板ヘルニア」の可能性も考えられるので医師に相談するようにしましょう!

保阪尚希愛用の肩甲骨・骨盤・肩こり・腰痛のコリをとるストレッチ器具が!?

スマホ・PCの見過ぎで肩甲骨が硬くなってしまった方は勿論、マッサージしてもコリがとれない方、ストレッチをしていても身体が固い印象があり、運動してもなかなか効果がでない…。ちょっとしたことですぐ疲れる方から何をやっても痩せにくい方など、血行が悪いと感じる場合にオススメのストレッチ器具があります。

これ1つで「ストレッチ」「ほぐし」「はがし」ができるので、体が硬い方は「ストレッチ」を、疲れて体が凝っているかたは「ほぐし」を、 体の歪みや慢性的な悩みを抱えている方は「はがし」を 中心に3つの効果を実感してください。

<<ストレッチハーツをサイトでチェックする>>

保坂尚希さん愛用の「ストレッチハーツ」はこれ1つで肩甲骨はがし・骨盤ほぐし・マッサージができる優れもの。

1:体の中心にある骨盤・肩甲骨を模したハート形の形状による包容力
2:身体の部位に合わせて緩急をつけた圧力を生み出す角度

そのため、現役ビーチバレーの西村選手のジムでも使用されております。

シェアする

悩み解決をSNSでフォローする

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。 ※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。